2012年01月25日

Firefoxで携帯のブラウザをシミュレートできるアドオン[FireMobileSimulator]

WEBデザイナーさんやサイトを製作する人にとって、これは良いと思ったのでご紹介。

Fire Mobile SimulatorはDocomo, au, SoftBankの3キャリアの端末に対応し、各キャリアの端末の追加をはじめ、HTTPリクエストや絵文字表示などをシミュレートしてくれます。

無題.png
[SB iPhone4のシミュレート画面]

使い方はアドオンをインストールして、[Fire Mobile Simulator]のアイコンをクリックし端末を選ぶだけです。

アイコンをクリックすると以下のような表示がでます。
無題1.png

デフォルトでは各ガラケーとiPhone3Gしか入っていないので、[最新端末リストから端末を追加(D)]を選択して欲しい端末を追加します。
画像にもあるようにauのiPhone 4Sがあるので、なかなか更新頻度も高いよう。

以下のリンクからFire Mobile Simulatorをインストールできるので是非。
[Fire Mobile Simulator]

また、端末だけではなくPCの各ディスプレイサイズの表示も確認できるシミュレーターが知りたいという方には、[Screenfly]というものがあります。
[Screenfly]

こちらは、サイトのURLを入力するとブラウザ上でデスクトップ・タブレット・モバイル・テレビの各ディスプレイサイズをシミュレートできます。

高解像度スマホやらタブレットが増えたりテレビでサイトを見るようになると、1つのサイトを作るのも結構大変なんでこういうのって本当ありがたいと思います。(笑)



ラベル:Firefox
posted by 夜の黒猫 at 21:27| Comment(0) | Tool | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。